冬が旬の野菜の栄養素やおすすめの調理法
冬の野菜を食べる

冬は食べ物が美味しくなる季節です。魚介類も美味しいですし、お肉も果物も美味しい季節です。当然ながら野菜なども旬の物は、本当に味が濃くなりますのでどれを食べても美味しいと感じます。最近では、輸入環境やハウス栽培などで、一年中同じ野菜を食べられるような状況が整ってきておりますので、旬の野菜というものを意識しないかも知れませんが、冬には冬が旬の野菜を食べるよう意識することをおすすめします。

なぜ冬に冬が旬の野菜を食べなければいけないのかというと、その時期に必要な栄養素や効能のある野菜が多いからです。特に冬野菜の特長として顕著なのが、身体を温める効果のある野菜が多いということです。冬は、身体の冷えが激しくなる季節です。冷えによって内臓の働きが悪くなってしまったり、風邪などを引いてしまったりなど、体調に不調をきたしてしまいがちですが、ごぼうやれんこん、ねぎ、山芋、カブなどには、身体を温める効果があります。

また、冬野菜には、ビタミンCが豊富なものが多くなっております。ビタミンCと言えば、免疫力を高める効果があるのですが、冬野菜によってビタミンCの量が足りている方は、風邪などを引きにくくなっているのです。他にも胃腸の働きを整えてくれる効果などもありますので、年末年始にかけて多い忘年会や飲み会、クリスマスパーティ、大晦日、お正月などの食事を含むイベントなどで胃もたれや胸やけなどが起きた場合に、症状を緩和してくれる効果があるのです。