冬が旬の野菜の栄養素やおすすめの調理法
かぼちゃの栄養素

かぼちゃは冬にかけての10月から12月が旬の野菜です。かぼちゃは非常に保存性に長けている野菜ですので、秋ごろに収穫し、2ヶ月から3ヶ月ほど寝かしておいて甘みが増す冬に食べるというのが定番です。最近では、輸入されたかぼちゃなども多く出回るようになりましたが、やはり旬のかぼちゃの強い甘みは、この時期ならではの恩恵です。

かぼちゃには、美容や健康に良い影響のある栄養素がたっぷりと含まれています。ビタミンAやビタミンC、ビタミンEに加え、摂りにくい葉酸、カリウム、モリブデンなどのミネラル類も豊富です。また、食物繊維も豊富です。 かぼちゃには身体にとって様々な効果が期待できる栄養素が多く含まれています。例えば、かぼちゃに多く含まれているビタミンEは、強力な抗酸化作用がありますのでアンチエイジング効果が期待できる他、末梢血管を広げる効果もありますので、冷え性の改善にも効果があります。

かぼちゃは、皮や種にも栄養素がたっぷりとふくまれています。そのままでは固い皮も煮物にしたり、ソテーするなどして火を通せば、柔らかくなりますので食べられます。かぼちゃの種は、ワタをきれいに取り除いた後で、レンジで加熱するか、フライパンで煎るなどすれば食べることができます。