冬が旬の野菜の栄養素やおすすめの調理法
ほうれん草の栄養素

栄養素の宝庫と揶揄されることの多いほうれん草には、沢山の栄養がぎっしりと詰まっています。ビタミン類やミネラルなどが豊富な野菜で、特に鉄分、ビタミンC、βーカロテン、葉酸などの含有量は、野菜の中でトップクラスと言われています。

βーカロテンは、ガンの発生を抑制する効果であったり、風邪やインフルエンザなどウイルスに感染するリスクを減らす免疫力を高める効果もあります。また、βーカロテンは、体内に吸収される時にビタミンAに変換されます。ビタミンAには、綺麗で若々しい髪の毛を作る効果であったり、視力維持の効果、健康的な粘膜や皮膚を維持する効果などがあります。また、肺や喉などの呼吸器系統の健康を守ってくれる効果などもありますので、空気の乾燥によって、喉や肺が受けるダメージを軽減してくれる働きもあります。

新鮮なほうれん草に良く見られる根っこの赤い部分には、マンガンが含まれています。非常に良質なほうれん草のマンガンは、同じくほうれん草に含まれているカルシウムやマグネシウムと共に、健康的で若々しい骨の形成を助けてくれます。ほうれん草は、ぶた肉やピーマン、お酢、梅干し、レモンなどを合わせて食べると、栄養の吸収率が高くなりますのでおすすめです。